ショーペンハウアー「読書について」

こんにちは!!カピドン(@kapidon_reads)です。

皆さん読書は好きですか?

私は大好きです!!

作品概要

「読書について」はショーペンハウアーによって書かれた、「余禄と補遺」から訳出した本です。

この本を読めばあなたの読書に対する姿勢が変わるかもしれません。

著者概要

著者のショーペンハウアーはドイツの哲学者です。

ドイツを代表する文豪であった、ゲーテととても親しい間柄だったそうです。

自分で考える

読書するとは、自分でものを考えずに、代わりに他人に考えてもらうことだ、他人の心の運びをなぞっているだけだ。

ショーペンハウアーは「読書について」で、本に書いてある内容を鵜呑みにするのではなく、自分で考えることが重要だといっています。

私は人に流されやすく、本に書いてあることは何でも信じてしまう傾向があるので、この言葉が胸に刺さりました。

他人の考えを知ることはいいことだけど、その考えに飲み込まれてしまっては、だめですよね…

宝くじに当選したい?

皆さんは宝くじに当選したいですか?

私は最近宝くじに当選するのが怖くなってしまいました。

もし宝くじに当選しても私のように学がない人では、しっかり運用できないと思ったのです。

何事も自分の身の丈に合った物ですよね( ´艸`)

重要な本は2度読め

重要な本はどれもみな、続けて二度読むべきだ。

確かに二度読めば、内容を深く理解できていいと思うのですが、私のような三日坊主は一回読むと、すぐ飽きてしまうので難しいです。

よくアニメを~周視聴したという方がいますが、とてもすごいと思います。

まあ、だれにでも当てはまる方法というものはないので、自分に一番適した方法を早く見つけたいと思います。

古典の重要性

できれば原著者、そのテーマの創設者・発見者の書いたものを読みなさい。少なくともその分野で高い評価を得た大家の本を読みなさい。

新しもの好きには耳が痛い話ですね、確かに原書をもとに書いた本よりも原書のほうがいいですよね…

私は古典は難しいというイメージがあって、あまり手を出しません。

これを機に古典の世界に一歩踏み出してみようかなと思いました。

そういえば古典っていつの時代のことを言うのでしょうか?

まとめ

「読書について」は普段読書をしている方ほど、耳が痛い話だと思います。

しかし誤解しないでほしいのは、ショーペンハウアーは読書がダメだといっているのではなく、読書に身を任せてしまうことがダメだといっているのです。

興味がある方はぜひ読んでみてください。

カピドンのつぶやき

バベルの塔って何?

よくゲームや物語に登場するバベルの塔とはいったい何なのでしょうか?

バベルの塔とは、「創世記」に登場する巨大な塔です。

神に近づこうとしたことを怒った、神によって壊されてしまった塔だそうです。

神話などについて詳しくない、私には少し難しかったです。

読書大国を目指して!!カピドンでした。

ではでは

コメント